BLOG

blog

今日のジャケットはワークマン謹製

2019年11月27日 水曜日

 いつも洒落乙なAさまですが、今日はワークマンの赤いジャケットで決めていらっしゃいました。最近のお気に入りのようですが、女性にとって、ある意味ハイブランドより入店しづらいお店ですよね。

さて、毎週ピラティスと当ジムをダブルでこなしてみえるAさま、今日はスクワット&ランジの地獄盛り定食です。

しかし、なかなかオールアウト出来ませんね〜。相当強くなりました。ご本人も感じていらっしゃいましたが、ヒップの位置が明らかに高くなり、丸みも出てきました。やはり成果が目に見えると張り合いも出ますね!

今年もあとひと月ほどですが、やり残した事が無いように。気持ちよくニューイヤを迎えたいものです。

C1F8E0C7-324B-4D6E-96E1-1CC1F440D29B

 

 

 

Bさま、初デッドリフト

2019年11月26日 火曜日

 今日は仕事の合間を縫ってBさまにお越し頂きました。車の運転やパソコンでの作業が多いそうなので、肩から背中、腰あたりに影響が出ていると思われます。

さて、初めてのデッドリフトの割にはとてもフォームが良いと思います。2枚目の写真は最終セットの疲れが溜まってきている状態。自分では真っ直ぐにしているつもりでも背中が湾曲してきます。

デッドリフトは補助ができない種目なのでトレーナーによる限界の見極めが重要ですね。背中の筋肉は美しいバックスタイル、疲れにくい綺麗な姿勢づくりに必須です。

A4284F47-72F7-43DF-A7B4-9897E60E9C18B7044AD0-9D0E-4B58-8049-9A76FBF25F28

Tさまのフレンチコンパクト

2019年11月23日 土曜日

 今日は2週間に1回のサイクルでいらっしゃるTさまのセッションでした。新しいクルマはルノーのトゥインゴ!ブルードラジェのボディカラーも可愛いですね。ちなみにTさまは男性です。

7C410343-8B9E-4DAD-9436-2EF4D6024FB0

デザイン事務所を経営されているTさまは多忙のため毎週は来られません。間隔が空きすぎてしまうので上半身に特化したワークアウトを行っています。Vigneではこのようなご要望にもお応えしております。

秋の終わり、雨しとしとと。

2019年11月22日 金曜日

 今日は雨ですね。晩秋の雨は冷たい。ひと雨ごとに冬がくると言いますものね。

ところで、年末に向けてささやかながら店の飾り付けをしましたよ。何となく今年は紅い南天のリースです。BGMはSADEのjezebelが気分です。

A43638EB-0B3B-40B7-BE82-22E41725E16A

Aさま夜トレ

2019年11月21日 木曜日

 今夜はAさまの夜トレでした。いつもと違って疲れの溜まる時間帯でしたが、しっかりフォームを維持できているのは、体幹が強くなってきた証拠ですね。まだ13回目ですが成長ぶりが伺えます。

Aさまは毎日21時就寝。4:30に起きて朝ランするそうです!ダイエットにも早寝早起きは非常に理にかなっています。トレーニングと併せて、できる範囲で生活サイクルを見直すのも重要ですね。

2EED8716-49F3-4867-88A6-8AE20B620256 C352C0B7-4C7F-4B26-88AB-BEBC574F255C

豊田マラソン40年連続出場

2019年11月20日 水曜日

 残念ながら私のことではなく、私の実父のことです。

来年に80歳を迎えるのですが、我が父ながら本当にすごいと思います。私は40年続けた習慣などひとつもありません。

脊柱管狭窄症になり今年をラストランにするとのことでしたので、私も伴走がてら参加したかったのですが、体調が思わしくなく断念しました。

私自身は父ほど長生きできるとは思えませんが、自分がやりたいことをやれる体力は出来る限り維持していきたいと思います。

41FE9527-DDDD-485D-B21B-E7FACE1B8A9A9E1E274B-29F4-4F90-B8D7-04AB915CAC35

Kさま初トレ!

2019年11月16日 土曜日

 今朝は先週体験にみえたKさまの初ワークアウトでした。写真はラットプルダウンの様子です。

綺麗なフォームですが、左右の筋力差がかなり大きいので左腕が引けなくなっています。トレーニングを重ねていくことでこの左右差が縮まり、カラダの歪みも修正されてきます。

Kさまは脚力はかなり強く、一方で上半身や体幹が弱くなっているので、そうしたことを踏まえたトレーニングをしていく予定です。

引き続き楽しんでトレーニングしていきましょう!

D0E871F2-B04F-4D11-925D-00706E3AC455

なぜ、パーソナルトレーニング?

2019年11月12日 火曜日

 近頃では駅周辺を主体に24時間営業のジムが林立してきていますね。そういったジムとの違い、何故わざわざパーソナルトレーニングに通わなければならないのか、時々そういった質問を受けることがあります。

その理由を知るためにはご自分で一般の24時間ジム等に通われてみるのが一番だと思いますが、それでは少し不親切なのでお答えしている内容を掻いつまんでお話ししたいと思います。

簡単に申しますと、トレーニングの知識経験が無い方がご自分単独でトレーニングをしても効果が上がらないからです。筋力アップやダイエット等、トレーニングの目的は人それぞれですが、共通して言えることは負荷の大小に限らず”力を出し切らなければ効果は上がらない”ということです。

“出し切る”ためには

“適切な負荷”で、

“適切なインターバルを挟んで”、

“数セットのトレーニングを繰り返し”、

最終的には”補助者の適切なサポートを利用して自分の能力を使い切る”

必要があるのです。この部分だけを考えてもご自分でトレーニングすることの難しさがご理解いただけるかと思います。

私もかつてメタボだった頃に市営のジムに行ったことがありますが、パックリ脇の開いたタンクトップのマッチョさんを後ろに待たせて、セット間インターバルを取ることは気後してできませんでしたし、見栄え重視の方に人気のある上半身種目のマシンは1時間待っても空きませんでした。

とはいえ筋トレしたと感じたいだけなら24ジムも悪く無いと思います。インスタ映えする派手なカラーのマシンも置いてありますし。要は何を重視されるかだと思います。

06D66CA8-DB7F-40CB-A065-CF8D7AF36C6C

 

 

急激な体重の増減は命取り。

2019年11月7日 木曜日

 皆さんは“ヨーヨーダイエット”という言葉を耳にされたことは有りますか?新発売のダイエット器具ではありませんよ!

激しい減量とリバウンドを繰り返し、体重が安定しない状態を指します。調査によると慢性的な肥満のひと以上に心臓病のリスクが高まることが報告されています。とくに心筋梗塞などの突然死のリスクは3倍以上高くなります。

多少の時間は掛かっても、適切な食事をしっかりと摂りながら、運動を併用してカラダを整えることが健康美への近道です。急がば回れ、ですよ。

 

内ももを引き締めて美脚に!

2019年11月6日 水曜日

 昨日のAさま、脚を重点的に鍛えました。

通常のスクワットに加えてワイドスタンスでも追い込みます。レギュラースタンスの後に行うことで内ももを効果的に鍛えることができます。

ポイントは足幅を充分に広く取ること。そして、内ももが床と平行になるまでしっかりと沈み込んでいきます。

内ももに隙間のできるしなやかな脚は女性の憧れですね。ムキムキではなくバレエダンサーのような美脚を目指していきましょう。

DA2F7BC0-E050-4A3C-93DC-5A80AC7E38F9